パティシエ彼氏

パティシエの男性と付き合って自分のためにケーキやお菓子を作ってほしいっていうのは女性なら1度は夢見たことがあると思います。

ただ実際に付き合うのは難しくて、まず同じ職場で働いてない限りなかなか出会えませんよね。

そこで今回はパティシエと知り合える出会いの場所や彼らの恋愛事情について徹底解説します!

またパティシエは変わった職業なので彼らの特徴を知らないと上手くお付き合いできないので、仕事内容についても解説します。

これを読めばあなたのパティシエと付き合いたい!という目標が叶っちゃいますよ!

パティシエの恋愛事情

パティシエのお仕事はサラリーマンのように毎日たくさんの人と職場で出会いがあるというわけではなく、狭い職場の中で長時間作業を行う職人のお仕事です。

そのため異性との出会いは少ない職業です。

パティシエが恋に落ちる相手の多くは、同じ職場で共に働く異性との職場恋愛や同窓会などで知り合うことが多いですね。

ケーキ

パティシエと付き合いたい女性は、まずどこでどんな風に出会えるのかを考えることから始めると良いでしょう。

学生時代にパティシエになりたいと言っていた同級生がいるなら、同窓会に顔を出せば現在パティシエとして働く彼とばったり再会できるかもしれません。

いつかパティシエに知り合えるだろうと思って友達主催のコンパや飲み会にたくさん参加しても、パティシエは朝早い職業なので知り合える確率はかなり低いです!

まず仕事が忙しいですし夜は早く寝て次の日に備えたいですからね。

このように異性との出会いが少ないパティシエのお仕事ですが、一度恋愛関係に発展すると狭い職場で働いているという点で他の異性との出会いが限定されるため恋愛が長く続きやすいメリットがあります。

mio

パティシエって忙しくて出会いも無いから、1回付き合うことができたら浮気の心配が少なくておすすめよ!

akari

なるほど!でもパティシエと出会うのがハードル高いんだよね、、、

モテる職業だけど出会いは少ない

パティシエのお仕事をしている男性は忙しい合間を縫って合コンなどに参加するとモテます。

「料理人」・「お菓子職人」というよりも、カタカナで「パティシエ」という方がなんとなく素敵に聞こえますし、日本国内だけではなく世界中でパティシエが活躍できる場所が広がっていて、クリエイティブなお仕事という点もモテる要素なのでしょう。

また女優や女性タレントがパティシエと結婚するケースも増えていますし、女性にとって憧れの存在になっています。

合コンに参加すればパティシエというだけでポイントが何倍もアップしてモテモテのパティシエですが、彼らは朝早くから毎日長時間労働で、かなり多忙を極めることが多いです。

そのため合コンに参加したくても時間がなく、パティシエと結婚したいと女性が血眼になって合コンで探しても、なかなか出会いの機会が少ないことを覚えておきましょう。

そんなパティシエと効率的に出会うためには、小学校や中学校、高校などの同窓会に参加して、いろいろな職業やライフスタイルの人とのネットワークを広げて出会いのチャンスを広げるのがおすすめです。

パティシエの仕事

もし特定のパティシエを狙っているのなら、意中の彼との接点を作るためにショップでアルバイトをしたりお店の常連になって顔を覚えてもらうという方法もアリですよ。

お昼の3時ごろにはお菓子作りが終わりますし接客に回るパティシエもいます!

あなたはお客さんの立場ということを利用して、今日のおすすめケーキを聞いたりして距離を縮めましょう(笑)

akari

今日は女友達の誕生日に渡すケーキを探してるんですけど、何かおすすめってありますか?

riku

今の時期は栗が旬なので、こちらのモンブランはどうでしょうか?国産の栗を使って甘さ控えめに仕上げています。

akari

じゃあ、モンブランを2つ下さい

riku

かしこまりました

仕事が忙しいのでデートする暇がない

趣味でお菓子作りをする場合には空いている時間を利用すればよいですし、お菓子を作らなければいけないからデートをキャンセルしなければいけないなんてことはありません。

しかしパティシエは職人なので、朝早くから起きて店が閉店するまで働くので多忙を極めます。

特に土日祝など一般の人が休みの日こそお店が繁盛するので、たくさんのお菓子を作らなければなりませんし、お互いに休みが合わなくてデートできないことになりがち。

デートの約束をしたのにキャンセルしなければならなかったり、合コンに参加したくても時間がないというジレンマが多いお仕事です。

パティシエ男性は気の合う女性と知り合えても、時間が合わなくてデートができず自然消滅するっていう結末を迎えることが多いようです、、、

mio

パティシエの休みは土日祝じゃなくて平日が多いから、あなたも平日休みを取れないと付き合うのは難しいかもよ

akari

私も平日休みは取れるから、その点はクリアできそう!

パティシエ男性が女性に求めること

パティシエはとにかく忙しい仕事なので、そんな彼とお付き合いをするなら彼のライフスタイルをそのまま受け入れるぐらいの懐の深さは必要となります。

デートが突然キャンセルになったり、会いたくても彼が忙しくてなかなか会えないという悲しいことは多いでしょう。

パティシエと結婚した女性の多くは「夫の仕事が想像以上に忙しくて、毎日ほとんどすれ違い」と感じています。

しかし、パティシエの仕事が忙しいことは恋愛の前に分かっていることですよね。

akari

彼氏がケーキ屋さんで働いてるんだけど忙しくて、なかなかデートできないんだよね、、、

mio

それは最初から覚悟のうえで付き合わなきゃダメでしょ

彼の多忙が原因で恋愛関係にひびが入らないよう、彼と会えない時間でも友人もしくは一人で楽しめる術を知っていることが、パティシエ男性が女性に求める条件の一つと言えます。

淋しがりや、束縛癖のある女性はパティシエと付き合ってもうまくいかないでしょう。

またパティシエのお仕事は食に関する職人なので、やっぱり食べることが大好きという女性が愛されます。

「ダイエットしているからスイーツはNG」と彼の作品を全く食べないという女性よりは、「ダイエット中だけれど、あなたのスイーツは最優先だから食べる!」という女性の方がパティシエ男性との恋愛に向いています。

riku

チョコレートの試作品作ってみたからアカリちゃんの感想とか意見を聞かせてほしいな!

akari

やったー!チョコレート大好きだから嬉しい!

独立を考えている相手ならサポートすることが必要

パティシエとして働く男性は、将来は自分のショップを持ちたいという夢を持っていたり、自分の作品を多くの人に認めて欲しいなど大きな夢を持っていることが多いです。

今はそういう気持ちが無くても、将来は彼が独立を希望するかもしれませんから、そのときは彼を全力でサポートする気持ちが必要です。

もしあなたが相手に求める条件が「安定した収入」なら、残念ながら夢を追いかけて独立を考えるパティシエの彼は、恋愛相手や結婚相手には適していないかもしれません。

「一緒に夢を追いかけたい」「彼の独立をサポートしたい」と考えることができる女性なら、パティシエの彼との恋愛や結婚も現実的なプランの一つにできるでしょう。

パティシエに職場恋愛が多いのは、もしかしたら同じ目標や夢を持っている異性だからうまくいきやすい、ということがあるのかもしれませんね。

riku

将来は自分のお店を開きたいと考えてるけど、その時は僕のことをサポートしてくれる?

akari

もちろん!私も開業や経営のことについて勉強して一生懸命頑張るよ!

パティシエと出会える場所

ここからは具体的にパティシエと出会える場所と方法について解説します。

あなたに合う方法を見つけて素敵なパティシエ彼氏を探してください。

お店やイベントに通って常連になる

さきほども紹介しましたが狙っているパティシエがいるなら、そのお店に通って常連になって顔を覚えてもらいましょう。

ただお目当ての彼が表に出て接客する時間帯じゃないと意味がないので事前に下準備をすることが必要です。

あと自分のお店を持っていたり有名パティシエになると定期的にお菓子作りを一般の人に教えるイベントを開催しているので、彼とお近づきになりたいなら参加してみましょう。

手取り足取り教えてくれますし一気に距離を縮めることができます。

riku

スイーツ作り教室を月1回やってるので、よかったら水野さんも参加してみませんか?

akari

私なんかが参加してもいいの?食べるのは好きだけど作るのは苦手だし、、、

riku

初心者向けの教室なので大丈夫ですよ。

facebookやインスタグラムなどのSNSサービス

パティシエはfacebookやインスタグラムを使って新作スイーツの発売告知をすることが多くて、彼らの投稿に対してコメントすることで、あなたという存在を認識させることができます。

その他にも試作品の制作風景・お店のイベント・今日の出来事などをSNSに投稿して集客に繋げているので、これを出会いのきかっけにしちゃいましょう(笑)

テレビや雑誌に出るような有名パティシエだと1投稿あたり10人以上の女性ファンからコメントがありますが、地方のお店やまだ知られていない若手パティシエならライバルは少なく狙い目です!

まずはお目当ての彼が働くお店や彼自身のSNSアカウントが無いかをチェックして見つけたらイイネ!やフォローをして応援する言葉を入れたダイレクトメッセージを送ってください。

あとはSNSの投稿に返信したりイベントに参加することで距離を縮めることができます。

riku

今日は春に向けて桜を使った新商品のアイデアを練っていました。

akari

試作品ができたら食べさせて下さいね(笑)

マッチングアプリ

彼らもパティシエである前に”男”ですから、やっぱり可愛い子とデートしたいしコンパに行きたいですが、休みが少なくて忙しいので思うように恋愛できないのが実情です。

少ない空き時間や休みを利用して恋愛をするにはスマホのマッチングアプリが向いているので、恋愛したいパティシエはマッチングアプリを利用する人が多いです。

手元にスマホさえあれば、いつでもどこでも気になる女性を探すことができますからね。

なので彼らと簡単に出会いたいならあなたもマッチングアプリに登録して、パティシエ男性を見つけメッセージを送って下さい。

アプリ内のキーワード検索を使えばパティシエを見つけることができます。

キーワードの例
  • パティシエ
  • パティシエール
  • お菓子職人
  • ケーキ職人
  • チョコレート職人
  • ショコラティエ

女子のカガミがおすすめするマッチングアプリは結婚情報でお馴染みのゼクシィが運営する「ゼクシィ縁結び」です。

おすすめポイント
  • ゼクシィが運営している安心感で登録者数は75万人突破
  • 恋愛価値観診断でピッタリの相手が見つかる
  • 24時間365日の監視体制で真剣な恋愛目的以外のユーザーを徹底排除
  • ニックネームでの利用OK
  • 女性の登録/利用料金は無料

またゼクシィ縁結びはfacebookアカウントで利用できますが、facebookには一切投稿されないので誰にもバレることはなく年齢認証のみに使われるだけなので安心してください。

ゼクシィ縁結びでは希望する方に向けて恋愛コンシェルジュがデート日時・場所を調整するサービスを提供しており、忙しいパティシエとデートしたい&成功させたい女性にピッタリ!

恋愛&結婚のプロフェッショナルが揃うゼクシィだからこそできるサービスが他にも色々あります!

素敵な男性と知り合って恋愛したいなら、ぜひゼクシィ縁結びをはじめてみましょう。

結婚相談所

素敵なパティシエを見つけて彼の人生をサポートしたいという強い決意があるなら、結婚相談所で探すのがおすすめ。

結婚相談所に登録するパティシエは自分の独立や開業など大きな夢をサポートしてくれるパートナー探しを目的としていることが多いので、ただパティシエと付き合ってみたいなどの軽い気持ちなら結婚相談所の利用は辞めて下さいね。

妻としての役割はもちろんですが、ビジネスパートナーの役割も求められるわけです。

ただ急に結婚相談所がおすすめ!って言われても困りますよね(笑)

なので最初は結婚相談所について知るために料金・成婚率・年齢層・利用者の声などが分かるパンフレットは必須です。人生を左右する結婚情報は積極的に集めるのがベスト!

まずはツヴァイ、サンマリエ、オーネットなど大手のパンフレットを取り寄せて比較してみましょう。

結婚サービス比較.com

⇒ズバット結婚サービス比較は相談所の資料が入ってるとバレない封筒で送ってくれるので安心して下さい!

理想の男性が見つかる結婚相談所を探す⇒【無料】パンフレット請求はココから
相談所のパンフレットは恋愛ノウハウや幸せに結婚するまでのストーリーなども満載で楽しめます!無料なので気軽に取り寄せてくださいね。

まとめ

パティシエの恋愛事情と出会えるスポットについて紹介しましたが、付き合うのが大変なことが分かって頂けたと思います。

それでも彼らと付き合いたいという強い意志をお持ちなら、ぜひ当記事で解説したことを行動に移してみましょう!

彼らのSNSを通じてお客さんという立場からコミュニケーションを取ると自然と仲良くなれて、いつしか恋愛に進むことも珍しくないので、将来有望なパティシエを見つけたら積極的にアプローチしていきましょう!

また結婚相談所には妻としての役割の他に将来の独立・開業をサポートしてくれるビジネスパートナーとしてお嫁さん探しをしているパティシエがたくさん登録しています。

彼らの夢を一緒に叶えたい!という気持ちがあるなら、結婚相談所に登録して探してみましょう。

ただ先ほども言ったようにいきなり登録するのはハードルが高いと思うので、まずはパンフレット請求からはじめてください。

人生を左右する結婚情報は積極的に集めるのがベスト!

まずはツヴァイ、サンマリエ、オーネットなど大手のパンフレットを取り寄せて比較してみましょう。

結婚サービス比較.com

⇒ズバット結婚サービス比較は相談所の資料が入ってるとバレない封筒で送ってくれるので安心して下さい!

理想の男性が見つかる結婚相談所を探す⇒【無料】パンフレット請求はココから

この記事がお役に立てたら
いいね ! お願いします。

あなたにおすすめの記事