食通が好きな絶品グルメ

美味しい食べ物に目が無い食通と呼ばれる人たちにとっては当たり前の料理でも、あまり食に興味の無い人はほとんど食べる機会が無い料理があります。

そこで当記事では食通じゃない人でも人生で1度は食べておくべき通な美味しい絶品グルメを紹介します!

男性なら女性を連れて行けばモテること間違いなしですし、女性なら連れて行ってもらえる男性はセンス良い証拠!?なので手放さないようにしましょう(笑)

スポンサーリンク

上海蟹(チュウゴクモクズガニ)

上海ガニ

テレビなどで一度は目にしたことがある高級中華食材の上海蟹ですが、食べたことがある人は意外と少ないですね。

まず普通のスーパーではお見かけしませんし、中華料理屋の中でも高級中華と呼ばれるようなお店でしか扱っていません。

そしてもう1つハードルがあって食べられる期間は9月~3月までで、レストランによってはもっと短い期間しか扱わないケースがあります。

予約してコースで食べよう

上海蟹を食べるときはネットであなたがお住いになっている地域名 上海蟹で検索してお店を調べてください。

ほとんどのお店が高級中華と呼ばれるタイプで上海蟹をメインとした上海蟹コースがあるはずなので、思い切って電話予約をしましょう!

上海蟹コースなら姿蒸は必ず入っていますが、その他の料理についてはお店次第でかなり違いがあって、上海蟹料理は姿蒸だけで後はフカヒレや麻婆豆腐などの中華料理が並ぶこともあります。

  • 上海ガニの姿蒸
  • 上海ガニの紹興酒付け
  • 上海ガニの小籠包
  • 蟹身と蟹味噌の炒め物

姿蒸は雄と雌がありますがオススメは濃厚な味とまったりした食感が魅力の白子を堪能できる雄で決まり!

大きな蟹じゃないので思い切って雄と雌の両方を注文するのも良いかもしれません。

料金は8000円~30000円

上海蟹のコースは8000円~20000円ほどが相場ですが、フカヒレやツバメの巣などその他の高級素材も含まれたコースになると30000円程度になるお店もあります。

1万円出すなら味が分かっているズワイガニやタラバガニ、毛蟹を食べたくなるかもしれませんが、一度は上海蟹も食して下さい。

鱧(ハモ)

ハモの湯引き

大阪や京都など関西地方にお住いの方にとっては夏の風物詩と言える身近な食材かもしれませんが、他の地域ではなかなか食べる機会がないのがハモです。

京都ではスーパーに湯引きされた鱧が売っていたり、高級料亭では鱧コースが10000円~30000円程度で提供されていたりと様々なシーンで愛されている食材です。

関西以外だと食べられるお店があったとしても骨切りが雑で小骨だらけだったり、調理方法が悪くて噛むのが大変でゴムみたいと感じることもあり、本当に美味しい鱧を食べたことがあるひとは少ないのではないでしょうか?

骨切り技術の凄さを楽しもう

ハモは小骨が多い魚で全てを取り除くのは困難なので、小骨が付いた身を皮まで切らないように包丁で細かく切れ込みを入れて食べた時に小骨が気にならないようにする技術があり骨切りと呼ばれます。

骨切りの音はとても心地よいためパフォーマンスとして披露しているお店もあり、料理人の技術を間近で堪能することができます。

Youtubeでもハモの骨切りをしている動画はたくさん上がっていますが、その中でもおすすめの動画がこちら!

料理人の華麗な包丁さばきと共にザクザクと小気味の良い音を楽しめます。